エアコン・暖房の設定温度と節約効果は?1℃下げるだけで年間1,000円以上の節約に!

エアコン・暖房の設定温度と節約効果は?1℃下げるだけで年間1,000円以上の節約に!

冬場に欠かせないのがエアコンによる暖房ですよね。
部屋に入った瞬間暖かくてホッとするのですが、
それと同時に気になるのが経済面。

そこで今回は、冬のエアコンの暖房について設定温度や、
節約・節電効果などを大特集していきたいと思います!

 

冬のエアコン・暖房の推奨設定温度は?

冬のエアコンによる暖房は外気との温度差が大きいため、
使うエネルギー量も大きく、電気代がかかります。

そこで設定温度の見直しをすることが節約に向けた対策の第一歩になるのです!
では、一体どのくらいの設定温度にすればいいのでしょうか?

環境省が推奨している暖房の設定温度は、20℃が目安になっています。
でも20℃って、結構寒いんですよね。

その寒さ対策として厚着をするというのが一番効果的です。

・羽織ものを厚手のものに変える
・手首、足首、首の「首」とつく箇所を温める
・背中やお腹にカイロを貼る

などなど、できることはたくさんありますよ!
少しでも外気温との差を縮めることが、一番の節約になるんですね!
マフラーやブランケットが大活躍しそうです。

一応快適に過ごせる温度としては22℃以上の温度設定ではあるのですが…。
電気代が高くなるだけでなく、外になかなか出にくくなり運動不足につながってしまうことも。

また暖房のつけすぎは空気が乾燥して、
風邪をひきやすくなったり、乾燥肌の原因にもなるんです!

設定温度を上げた場合は加湿器を使ったり、
窓を開けて外の空気を入れたり、工夫していきましょう。

 
スポンサードリンク

エアコンの設定温度を1℃下げるだけで節電・節約効果も!

設定温度を下げると節電・節約になるとは言うけれど、
具体的には1℃下げて外気温との差を縮めると
どの程度電気代が節約されるのか気になりますよね。

エアコンの設定温度を1℃下げると10%の節約になるということなので、
1日に換算すると微々たるものです。

しかし塵も積もれば山となる!
年間に換算すると、数千円程度差が出てきてしまうんです!

暖房を1日に1時間だけ我慢するだけで8時間使用の場合、
年間約1100円も節約できちゃいます!

さらに1℃下げると9時間使用で年間約1100円分の節電になるのです!
これは大きいですよね。

普段エアコンの温度を21℃に設定していた人が20℃にして、
毎日1時間我慢するだけで約2200円も節約できちゃうなんて嬉しいですね!

 

就寝のときはタイマーを利用

夜は基本的にタイマーを利用して、
付けっ放しということがないように注意しましょう。

人間の安眠できる温度は15℃~21℃と意外と低いんです。
そのためタイマー機能でエアコンを夜中は切っていても問題ないのです。

お布団をしっかりかぶって寝ていれば問題無しですよ!

普段も日中の晴れた日はエアコンを切って太陽光を部屋に入れるという手もあります。

以外と太陽の光ってポカポカして強力なんです。
ぜひたくさん工夫をして暖房をうまく使い、節約や節電に努めていきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク