大根の冷凍保存方法や期間は?味がしみやすくなるメリットも!

大根の冷凍保存方法や期間は?味がしみやすくなるメリットも!

大根は葉も皮も食べられて、捨てるところがない大変エコな野菜。
みずみずしいだけでなく、とっても甘いんですよね。

でも大根を1本丸ごと買ってしまうと、どうしても余ってしまうんです。
そこで、冷凍保存ができたらいいのに・・・と思いますよね!

そこで、今回は大根の冷凍保存方法、
賞味期限や保存期間についてご紹介していきたいと思います。

 

大根を冷凍保存する方法

大根も便利な冷凍保存ができればいいのに・・・
と思っている人はおそらくたくさんいらっしゃいますよね。
大根はちょっと工夫をすれば冷凍保存ができちゃうんですよ!

まず、大根をよく洗ってから皮を厚めに剥いて下ゆでしてください。
そして、冷ましたらラップでぴったり包んで、
フリーザーバッグに入れて冷凍保存します。

このとき空気を入れないようにするのがコツですよ!
使用するときは、そのまま煮物に使ってしまってください。
下手に解凍すると、ボロボロになってしまいます。

あとは、煮物や味噌汁として調理した後の大根は
そのまま汁ごとフリーザーバッグに入れて冷凍してください。

調理は凍ったまま鍋に入れて火にかけ、ゆっくり解凍してください。
大根がとっても柔らかくなっておいしいですよ!

ポイントは皮を厚く剥くこと、下ゆですること、
ラップでしっかり包むこと、解凍はせずそのまま使うことです。

 
スポンサードリンク

大根の賞味期限や保存期間は?

冷凍保存方法がわかったところで、
一番気になるのはやはり賞味期限や保存期間ですよね。

一般的に冷凍保存の場合は
1ヶ月くらい美味しさを保ったまま保存できそうですよ。

大根が賞味期限を過ぎて食べられないというポイントは、

・ブヨブヨ、ふにゃふにゃしているとき
・臭いがするとき
・ぬめりがでてきたとき
・カビが発生しているとき
・中に空洞ができた(スが入っている)場合
・中が変色しているとき

これらが見られる場合は、食べられないので残念ですが処分しましょう。

そのまま保存するときは新聞紙で包んで、
立てた状態で保存すると長持ちするようになりますよ。

それでも使い切れそうにない・・・という場合は、
先ほど紹介した冷凍保存でいつでも使える状態にしておきましょう。

 

冷凍保存は味がしみやすくなるメリットも!

今回は大根の冷凍保存方法や賞味期限についてご紹介してきました。

大根はエコな食材の割に冷蔵庫に余りがちな食材のひとつ。
賢く冷凍保存して無駄がないようにしたいですね。

冷凍保存すると繊維が崩れるので、
味がしみやすくなるなどのメリットもありますよ!
ぜひ試してみてくださいね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク