チャイルドシートやジュニアシートは何歳まで使用?着用義務は6歳まで、卒業時期は小学生が多い傾向

チャイルドシートやジュニアシートは何歳まで使用?着用義務は6歳まで、卒業時期は小学生が多い傾向

小さな子供を車に乗せるとき、チャイルドシートを使用しますね。

身体が大きくなるとジュニアシートも使用するかと思いますが、
チャイルドシートやジュニアシートは何歳まで着用すればいいのでしょうか?

チャイルドシートの着用義務や卒業時期などを見ていきます。

 

チャイルドシートの着用義務について

チャイルドシートやジュニアシートをつける年齢は、
大体0歳から10歳頃までとなります。

一般的に言われているチャイルドシートとは、
乳幼児がつけるベビーシート、幼児がつけるチャイルドシート、
学童がつけるジュニアシートを統合したものです。

学童がつけるジュニアシートとは、
チャイルドシートから背もたれを取ったものが多いようです。

ジュニアシートを卒業したらシートベルトを着用しますが、
そのシートベルトがつけられるのは身長が135cmくらいからで、
からだの成長に合わせてシートベルトに移行します。

道路交通法では6歳未満はチャイルドシート着用義務となっていますので、
最低でも6歳まではチャイルドシートを使用しなければいけません。

安全性を考えると、150cmまではチャイルドシートの方がいい、
という意見もありますね。

その理由は、150cmくらいないとシートベルトが首にかかり、
事故のときの危険性が高まってしまうからのようです。

 
スポンサードリンク

チャイルドシートの卒業時期

チャイルドシートの義務は6歳までとなっておりますが、
実際には何歳ころまでつけている家庭が多いのでしょうか?

チャイルドシートは子供のからだの成長に合わせて替えていきます。

そうなると、自然にベビーシートからチャイルドシート、
ジュニアシートと移っていくかと思います。

そして、小学生になるタイミングでシートベルトにする家庭が多いようで、
年齢的には6~7歳まで使用していることになりますね。
遅くても10歳頃にはもうチャイルドシートを卒業しているようです。

チャイルドシートは12歳まで対応しているものがありますが、
そこまでチャイルドシートを使う方はほとんどいないようです。

ただ、チャイルドシート卒業後も助手席には座らせないほうが良いでしょう。
理由は、車にもよりますが、事故が起こったときのエアバッグが、
逆に子供を圧迫してしまうおそれがあるためです。

 

チャイルドシート着用年齢のまとめ

チャイルドシートを何歳まで着用するかをまとめると、
道路交通法の義務では6歳未満となっており、
最低6歳までは着用する必要があります。

その後、身体の成長に合わせてシートベルトに移行しますが、
移行のタイミングで多いのは小学生になったときになります。

ただ、安全面を考えると140cmくらいまではチャイルドシートの方がよく、
10歳頃まで使う方もいるようです。

ですが、チャイルドシート対応の12歳まではさすがに使用する人は少なく、
小学校中学年から高学年にはもう卒業しているようですね。

以上を参考に、子供の成長に合わせてチャイルドシートを買い替え、
安全性を保っていきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク