鶏肉の栄養や効果・効能は?低カロリー高たんぱくな食材、食卓にも積極的に!

鶏肉の栄養や効果・効能は?低カロリー高たんぱくな食材、食卓にも積極的に!

ジューシーな味わいと、ぷりぷりっとした食感が人気の鶏肉。

煮てよし、焼いてよし、蒸してよし、揚げてよしの鶏肉は、
レパートリーも豊富ですよね!

ですが、鶏肉って時期によって特に美味しい時ってあるんでしょうか?
また栄養価はどの程度含まれているのか、効果や効能も気になります。

そこで今回は、鶏肉の気になる栄養価や美味しい時期、
健康への効果効能についてご紹介します。

 

鶏肉の旬・栄養について

鶏肉は一年を通して安定したおいしさがあり、
年中旬だといっても良いでしょう。

栄養価は、主にたんぱく質です。
たんぱく質の量が多い割に、
他の肉に比べて脂肪分が少ないのが鶏肉の特徴です。

脂肪分の多くは皮に含まれているのですが、肉と分離をしやすく、
脂肪分を摂りたくなければ皮をはがせばいいだけです。

また、鶏肉というとコラーゲンを思い浮かべるという人も多いはず。

特に手羽先の部位に多く含まれていて、
煮物などにすることによって汁にコラーゲンが溶け出して、
おいしく摂取ができるのでおススメです。

さらに、ビタミンB類や鶏むね肉にはビタミンKが豊富に含まれています。

皮を取れば鶏もも肉でもかなり低カロリーなので、
安心して食べられる点が魅力的ですね。

 
スポンサードリンク

鶏肉の効果・効能

それでは続いて、鶏肉を食べることによって得られる、
健康効果や効能について説明していきます。

効果①:美肌効果
鶏肉に含まれるコラーゲンのはたらきで、
弾力のあるプルプルお肌を手に入れることができます。
また、コラーゲンには関節の曲がりをスムーズにするはたらきもあるので、
関節痛のときもコラーゲンたっぷりの手羽先を食べてみると良いですよ!

効果②:ダイエット効果
鶏肉は、特に鶏むね肉は皮を取ってしまえば非常に低カロリーな食材です。
しっかりたんぱく質も摂ることができるので、
ダイエット中の食事にもピッタリですね。

効果③:口内炎の予防
ビタミンB類には、口内炎を予防する効果があります。
疲れなどがたまると口内炎はできやすくなりますから、
日ごろから鶏肉を食べるようにして、口内炎を予防するようにしましょう。

 

料理のレパートリーを増やして食卓へ!

鶏肉は一年中おいしく頂けるお肉であり、
低カロリー高タンパクな食材なので、ダイエットにも最適な食材です。

また、たんぱく質だけではなく、女性に嬉しいコラーゲンや、
疲れて口内炎ができやすいという人にとっても嬉しい、
ビタミンB類が豊富に含まれています。

そのため、日常の食卓にも並べやすいので、
料理のレパートリーを増やして、積極的に摂取していきたいですね!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク