カリフラワーの栄養や効果・効能は?美肌や便秘に!女性に嬉しい成分が!

カリフラワーの栄養や効果・効能は?美肌や便秘に!女性に嬉しい成分が!

ブロッコリーに似ている見た目だけれど、
食べてみると全く違うのがカリフラワーの不思議なところです。

白くて食卓も華やかにしてくれるカリフラワーですが、
いつが旬でどのような栄養が含まれているのかイマイチわかりません。

そこで今回は、カリフラワーの旬と栄養、
効果や効能について詳しく説明していきたいと思います。

 

カリフラワーの旬・栄養について

カリフラワーの一番美味しい時期は11月~3月の冬場です。
ですが、店頭にはよく秋頃から並び始めていますよね。

そして、カリフラワーの栄養ですが、
主に2つの栄養素が含まれています。

栄養素①:ビタミンC
カリフラワーにはビタミンCが豊富に含まれています。
また、グリーンのカリフラワーである、
「ロマネスコ」には2倍の量ビタミンCが含まれます。

栄養素②:カリウム
カリフラワーは体内にあるナトリウム、
つまり塩分を外に出す役割があるカリウムをたくさん含んでいます。
筋肉の力を維持するのにも役立ち、
長期間にわたる運動による筋肉の痙攣を防ぐはたらきがあります。

その他、カリフラワーの実にはオレンジやパープルなど、
様々なカラフルカリフラワーがあります。

オレンジはベータカロチン、パープルにはアントシアニンが含まれており、
白いカリフラワーよりも栄養的に優れています。

 
スポンサードリンク

カリフラワーの効果・効能

次にカリフラワーの効果や効能についてご紹介します。

効果①:美肌効果
カリフラワーのビタミンCは、ブロッコリーに比べて水に溶けにくく、
下ゆでをしたとしても効率よく摂取することができます。
ビタミンCはメラニンの生成を抑制したり、
コラーゲンの生成を促したりと肌に嬉しい効果がたくさんあります。

効果②:便秘予防
カリフラワーに含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維です。
水に溶けにくいので、腸の中をキレイにお掃除してくれます。
これにより、現在女性に多くなっている大腸がんの予防にもなりますよ!

効果③:がん予防
カリフラワーには、がん細胞への突然変異を防いだり、
がん細胞自体を打ち消すような働きをする抗酸化物質が含まれています。
カリフラワーは、がん予防には最適な食べ物なんですよ。

 

白いカリフラワー以外もお試しあれ!

カリフラワーの旬や栄養、効果や効能について説明してきました。
内容を簡単にまとめると下記のようになります。

・カリフラワーの旬は11月〜3月
・主な栄養素はビタミンCとカリウム
・カラフルなカリフラワーもある
・効能は美肌、便秘、がんなどに効果が期待できる

美肌や便秘にも効果があるので、女性は積極的に食べたい食材ですよね!

白いカリフラワーが一般的ですが、
オレンジやパープルのカリフラワーは栄養価が優れているので、
もし店頭で見かけたら試してみてはいかがでしょうか?

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク