カプサイシンの効果・効能とよく含む食べ物は?食べ過ぎには注意して上手に摂取を!

カプサイシンの効果・効能とよく含む食べ物は?食べ過ぎには注意して上手に摂取を!

みなさんはカプサイシンってご存知ですか?
ナス科の植物に多く含まれる辛味成分であるアルカロイドのことです。

でもカプサイシンって聞いたことはあるけれど、
実際何に良いのかはあまりわからないという人も多いのではないでしょうか?

わたしもほんのりダイエットに良いというくらいしかわからないんですが、
今回は一緒にカプサイシンについて勉強していきましょう!

 

カプサイシンの効果・効能について

まずはカプサイシンってどんな効果・効能があるのかとても気になりますよね。
カプサイシンの驚きの効果は、主に5つ挙げられます。

①ダイエット効果
カプサイシンには摂取したエネルギーを燃焼させて消費してくれるはたらきがあります。
そのため摂取カロリーよりも消費カロリーが増えてダイエットに繋がるのです。

②新陳代謝を促進
カプサイシンが含まれる食品を食べると汗をかきますよね。
汗をかくということは、それだけ運動しているのと同じくらい
エネルギーを使っているというわけなんです。

たくさん汗をかく=新陳代謝が活発になっている証拠ですよ!

③腫瘍を抑える
カプサイシンにはがんや腫瘍を抑えるはたらきがあるといわれています。
特に大腸がんには効果が高いとのことで、女性にはかなり嬉しい効果ですよね。

④食欲増進
辛味成分であるカプサイシンは胃や舌に適度な刺激を与えるので、
唾液や胃酸の分泌を促進するため食欲が増進します。
また腸の働きもよくなって便秘も解消するので胃腸の調子が良くなりそうですね。

⑤生活習慣病予防
カプサイシンは肥満、高血圧、高コレステロールなどの生活習慣病を予防します。
これはカプサイシンがエネルギー消費を増進するのと、
心臓のはたらきを促進し血流を良くするおかげなのです。

 
スポンサードリンク

カプサイシンを良く含む食材

カプサイシンは唐辛子やししとうから多く摂取することができます。

鷹の爪はカプサイシンの含有量が高いのですが、
ししとうには辛味が優しいものは含有量が少ないので
メインは唐辛子からになりそうですね。

しかし、特に唐辛子は日頃からバクバク食べられるようなものではないですよね。

そんなときはサプリメントからカプサイシンを取ると
無理に食べ物からとらなくても大丈夫です。
これなら辛い食べ物が苦手な人でも安心ですね。

唐辛子のカプサイシンと相性のいい食べ物はまずニンニクで、
新陳代謝が促進される相乗効果があります。

スパゲッティ・アラビアータやペペロンチーノなんかはぴったりなメニューですね!

 

食べ過ぎは逆効果なので注意!

身体を元気付けてくれるカプサイシンですが、
食べ過ぎても逆効果なので適度に食べることが重要です。

ダイエットをカプサイシンにだけ任せないで、
自身で運動をしてみたり工夫をしていってくださいね。

冬には体を温める栄養としても有効ですので、
鍋料理などに適度な量を含ませるのも良いですよ!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク