ブロッコリーのゆで方や保存方法をご紹介!保存期間は短め、できるだけ早めに食卓へ!

ブロッコリーのゆで方や保存方法をご紹介!保存期間は短め、できるだけ早めに食卓へ!

ブロッコリーって美味しいのですが、
なかなかゆで加減が難しくて迷ってしまうんですよね。

固すぎても甘みが足りない気がしますし、
柔らかすぎてもなんだか水っぽくて、
もはや何を食べているのかわからなくなってしまいます。

そこで今回は、ブロッコリーの美味しいゆで方、
また保存方法についてご紹介します。

 

ブロッコリーのゆで方

では早速、ブロッコリーの美味しいゆで方について説明していきましょう!

まず、ひたひたにブロッコリーが浸かるくらいの水に、
塩小さじ半分を入れて沸騰させます。
ここで塩を入れてゆでるのは鮮やかな緑色を変色させないためです。

そして、ブロッコリーを塩水で洗って小分けにしていきます。
ブロッコリーは茎に栄養がたっぷり含まれているので、
茎も入れてしまいましょう。

続いて、小分けにしたブロッコリーを沸騰したお湯に投入して、
3分間ほどゆでていきます。
ゆで終わったらザルにあげて、そのまま粗熱を冷ましましょう。

ちょっと固めの食感が好き、
という場合はゆで時間を2分半に調節すると良いですよ♪
わたしは割と柔らかめが好きなので、3分間しっかりゆでます。

ゆで卵と合わせてマヨネーズで和えれば、それはもう夢心地♪
ぜひこの方法でゆでてみてくださいね!

 
スポンサードリンク

ブロッコリーの保存方法

続いて、ブロッコリーの保存方法についてですが、
生のブロッコリーは日持ちしないので、
買ったらすぐに袋に入れて冷蔵庫へ。

このとき立てて保存すると比較的長持ちしますよ!
この状態でも3日くらいは保存できます。

次にゆで終わったブロッコリーの保存ですが、
なるべく固ゆでにしてから冷蔵保存します。

フリーザーバッグに入れても2日程度しか持ちませんが、
冷凍保存すれば1ヶ月は使えます。
固ゆでにしたブロッコリーは冷凍してしまうのが良いかもしれませんね。

食べるときは自然解凍か、レンジで30秒、
あるいは凍ったままスープなどに入れるのも良いですよ。

ブロッコリーが茶色く変色していたり、異臭を放っていた場合は、
残念ですが食べられないので処分しましょう。

やはり、ブロッコリーは買ったらその日に調理するのが一番です。
献立を考えてから買い物するようにすると腐らせずに済みますよ!

 

ブロッコリーは早めに食卓へ!

今回はブロッコリーのゆで方と保存方法についてご紹介してきました。

ブロッコリーをゆでるときは塩水で3分間、
粗熱を取るときはザルで水を切りながら行いましょう。

また、ブロッコリーを保存するときは冷蔵庫で立てて保存しましょう。
冷蔵保存で2日程度、冷凍保存で1ヶ月は持ちます。
長くもたせたいときは冷凍保存するようにしましょう。

ですが、基本的に保存がきかないのですぐ使うことが望ましいです。

新鮮なブロッコリーを早めに食べられるように、
できるだけ計画的に使うようにしていきましょう!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク