ブロッコリーの栄養や効果・効能は?美肌や風邪・がん予防にも!

ブロッコリーの栄養や効果・効能は?美肌や風邪・がん予防にも!

マヨネーズをつけて食べるととっても美味しいブロッコリー、
わたしも大好きでしょっちゅう茹でてサラダにしています。

ブロッコリーはキャベツの葉ではなく、
つぼみが大きくなるように改良した野菜で、
家庭に普及し始めたのは割と最近のことです。

さて、ここで気になるのはブロッコリーの旬や栄養、効能ですよね。
今回はそんなブロッコリーのことについて詳しく説明していきます。

 

ブロッコリーの旬・栄養について

ブロッコリーは外国産のものも多くあるので、
一年中安定した価格で売られています。

しかし、最も美味しくなる旬の時期は11月~3月の寒い時期です。
続いて含まれている栄養素についてご紹介します。

栄養素①:ビタミンC
なんとビタミンCに関しては、
レモンの2倍、キャベツの4倍と素晴らしい含有量なのです!
ビタミンCはシミソバカスなどを防ぎ、美肌効果が期待できます。

栄養素②:ベータカロチン
ブロッコリーは緑黄色野菜にカテゴライズされており、
ベータカロチンも豊富に含まれています。
これは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を強化します。

栄養素③:ビタミンB1、B2
ビタミンB1は疲労物質である乳酸の分解を早めます。
ビタミンB2は髪や皮膚の健康を守り、細胞の再生に役立ちます。
ブロッコリーにはこれらのビタミンB群も豊富に含まれています。

栄養素④:カリウム
カリウムは体内の余分な塩分を外に出す役割があり、
血圧を下げることができます。
ブロッコリーにはカリウムもたくさん含有しているので、
高血圧の方にぴったりです!

 
スポンサードリンク

ブロッコリーの効果・効能

それでは続いて、ブロッコリーの効果や効能についてご紹介します。

効果①:美肌効果
ブロッコリーにたっぷり含まれるビタミンAとCが美肌にとても相性が良く、
ビタミンAが皮膚を丈夫にしてビタミンCが皮膚の色素沈着を予防します。

効果②:風邪予防
これまたビタミンAとCのコンビが風邪予防にバッチリ効果がありますよ!
スープなど温かい料理にブロッコリーを加えることで、
粘膜を健康にして風邪を予防します。

効果③:がん予防
ブロッコリーに含まれる抗酸化物質ががん細胞への突然変異を抑制するため、
がん予防に効果が期待できます。
この抗酸化物質はブロッコリーを細かく刻んだり、
すりつぶしてできてくるものなので細かくすることが大切です。

 

寒い季節はスープなどに是非!

ブロッコリーの栄養や効能についてご紹介してきました。
ここでわかりやすくまとめてみたいと思います。

・ブロッコリーの旬は11月〜3月の寒い時期です。
・栄養素はビタミンCが中心で、含有量はレモンの2倍です。
・効能は風邪やがん予防、美肌効果が期待できます。

寒い季節に旬を迎えるブロッコリー、
ぜひ積極的にスープなどに入れて食べてみてくださいね!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク