「母乳信仰」と「粉ミルクは危険」で苦しむ現代ママたち!母乳で育てないと母親失格なの?

「母乳信仰」と「粉ミルクは危険」で苦しむ現代ママたち!母乳で育てないと母親失格なの?
スポンサードリンク

インターネットで販売されている冷凍母乳が問題になっていますね。
その背景には、過度な「母乳信仰」や「粉ミルクは危険」という
日本の風潮に問題があるとも言われています。

 

冷凍母乳の危険性

インターネットで販売された冷凍母乳の問題は人工乳で薄めた偽母乳が横行している点と、
母乳自体の衛生管理の難しさが挙げられます。

人工乳で薄められていたという事実も問題なのですが、
恐ろしいのは購入した母乳に細菌が含まれている可能性がある点です。

特にHIVや白血病のウィルスが含有されていると感染してしまう危険性があるため、
自治体も警告を出しているほどです。

母乳は搾乳後30分以内に飲ませるか、すぐに飲ませない場合は冷蔵・冷凍しておく必要があり、
かなり神経質に扱わなければなりません。
手を洗わずにあげるだけで危険と言われるほどですから、
冷静に考えれば通販の冷凍母乳に手を出してしまうのはおかしいはずです。

それでもなぜママたちは冷凍母乳を買ってしまうのでしょうか?

 
スポンサードリンク

現代ママたちを苦しめる「母乳信仰」と「粉ミルクは危険」という思想

その理由は「母乳信仰」と「粉ミルクは危険」という日本の風潮にあるようです。

母乳信仰とは、赤ちゃんは母乳のみで育てないとかわいそうだという考え方で、
母乳以外で育てると情緒不安定になったり、母乳のみで育てた場合よりもIQが落ちるという話まであり、
産院でも母乳のみで育てるべきだと指導するところもあるとか。

また、粉ミルクには細菌が含まれている可能性があるから危険だという話や、
粉ミルクを飲み過ぎると母乳を飲まなくなるという噂まであります。

ママとしてはより良い方法を選びたいですからできれば母乳で・・・という気持ちが出るのは当然ですよね。
それが初めての赤ちゃんであれば尚更でしょう。

ただ、母乳は出産直後はほとんど出ない人が多く、母乳信仰によって苦しむママは少なくありません。
母乳で育てなければ母親失格だと、自分を責めてしまうママもいるでしょう。

 

粉ミルクで育てたからといって母親失格ではない!

ですが、現実では粉ミルクだけで育った赤ちゃんもたくさんいます。
現在の粉ミルクは栄養的にも衛生面でも整っており、粉ミルクは危険というイメージは捨てたほうがよいでしょう。

粉ミルクには病原菌が含まれている可能性については、作る途中で混入する可能性があるとのことで、
70℃以上のお湯で作れば問題ないそうです。

粉ミルクを使っているから母親失格なんてことは決してありません。

粉ミルクと母乳を両方与える「混合」という方針もありますので、
母乳のみで育てるという考え方だけに捕らわれないほうがよさそうですね。
 

スポンサードリンク