紅生姜の栄養や効能、食べ過ぎの注意点!食欲増進や冷え性への効果で冬にもオススメな食材!

紅生姜の栄養や効能、食べ過ぎの注意点!食欲増進や冷え性への効果で冬にもオススメな食材!

お好み焼きや焼きそば、たこ焼きに欠かせないもの、なんだかわかりますか?

そう!紅生姜です!
特に関西圏では紅生姜なしではお好み焼きは語れないというくらい、
冷蔵庫常備率が高い紅生姜。

紅生姜って梅酢に漬けた生姜の加工品ですから、
きっと体に良いことがありそうですよね。

そこで今回は紅生姜の栄養や効能、
また食べるときの注意点についてご紹介したいと思います。

 

紅生姜の栄養や効能について

独特の風味がある紅生姜には、
主に3つのからだに良い栄養素が含まれています。

①辛味成分ジンゲロン
紅生姜はこのジンゲロンにより辛味がうまれています。
ジンゲロンはからだの血行を促進したり、
冷え性を改善したりする特徴があります。

またジンゲロンが体内に入ると、
新陳代謝を促すはたらきがあるということがわかりました。
このことから紅生姜は美容にも良い食べ物なんですね。

②ショウガオール
ジンゲロンを加熱することでうまれるのがショウガオールです。
ショウガオールは何と言っても免疫力を強化するはたらきがあるんです!
毎日元気に過ごしたいという人にとって紅生姜はピッタリというわけですね!

③香り成分シネオール
独特な香り成分シネオールは食欲を増進させて、
食べ物が美味しく感じる効果ことがあります。
これまた毎日を健康に過ごすことができるんです!

紅生姜は総じて、食欲を高めてくれる成分があり、
健康的な毎日をサポートしてくれる食品なのだということですね。

 
スポンサードリンク

健康に良い紅生姜も食べ過ぎには注意!

紅生姜がからだに良いということがわかったので、
たくさん食べて元気なからだをつくりたい!
と考える人も多いのではないでしょうか?

しかしちょっと待ってください。
紅生姜を食べるにあたって注意点があるのです。
それは、良く見かける真っ赤に染まった紅生姜をたくさん食べるときです。

これらの紅生姜に着色料が使われている場合、
発ガン性物質であるタール系色素が使われていることが多いため、
大量に食べる際は注意が必要です。

また冒頭でも話したように、紅生姜は加工品ですから、
他の添加物もかなり気になりますよね。

紅生姜を選ぶときには天然の着色料を使っているものや、
そもそも梅酢だけの着色の紅生姜を選ぶようにしましょう。

あとは生姜の産地ですよね。
安い紅生姜の中には中国産というものもありますから、
原産地を必ず確認して購入したいですよね。

多少値段が高くても、安全な食品を選んだ方が無難です。

 

紅生姜は冬の食材にもオススメ!

さて粉物や牛丼のお供、紅生姜について大特集してきましたがいかがでしたか?

紅生姜には毎日元気に過ごすために必要な、
食欲を増進する栄養素が含まれていることがわかりました。

紅生姜は加工品ですから、着色料などの添加物に注意すれば
安全にたくさん食べることができますよ。

冬に向けてからだをポカポカ維持するために紅生姜を積極的にいただきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク