ベビーカーのA型とB型の違いは?A型からB型へ替える時期の目安もご紹介!

ベビーカーのA型とB型の違いは?A型からB型へ替える時期の目安もご紹介!

ベビーカー選びをするにあたって、ベビーカーにはA型とB型というものがあることを
知ったという人も少なくないのではないでしょうか。

実はA型とB型は、使う時期も形もまったく違うベビーカーだったんです!
そこで今回はA型とB型のベビーカーの特徴と違いをご紹介していきたいと思います。

 

ベビーカーのA型とB型の特徴と違いについて

それではまずA型とB型それぞれのベビーカーの特徴から順番に見ていきたいと思います。

・A型の特徴
A型ベビーカーは生後1ヶ月から2歳くらいまで使えるベビーカーで、
一番人気の高いタイプです。

最大の特徴はリクライニングが水平近くまで倒れるために
赤ちゃんが眠るのに最適だという点です!

また赤ちゃんをお母さんの方に向けることができるので、
いつでも赤ちゃんの状態を確認できるというのも魅力ですね。

そして対面式にしてもタイヤの軸が自動で切り替わるのでスイスイ進みますよ!
また買い物のときなど荷物をたくさん積めるという利点があります。

最初に購入するベビーカーはA型、という人がほとんどですので
たくさんある商品の中から自分好みのデザインを選ぶこともできますね。

・B型の特徴
続いてB型ベビーカーですが、こちらはリクライニングが制限されているため
ひとりすわりができる生後7ヶ月くらいからが使用の目安となります。

B型ベビーカーのいいところはなにより軽量化を図っている点でしょう!

お母さんひとりでもヒョイっと持ち上げることができ、
赤ちゃんが乗っていなければ片手でラクラク持ち上げられるくらいの重さです。

普段の散歩の際など手軽に持っていけるのがB型ベビーカーの魅力ですね。

荷物を詰めるのはA型より少なくなりますが、
とにかく軽くコンパクトに折りたためるため場所も取らないから便利なんです!
こちらはベビーカー卒業まで長く使うという人が多いようです。

 
スポンサードリンク

ベビーカーをA型からB型へ替える時期は?

今はA型ベビーカーを使っているけれど、
そろそろ持ち運びに便利なB型ベビーカーに変えたい!
こちらではそんなときの目安をご紹介しちゃいます。

まず、ひとりすわりができること!
これがB型に変える第一の条件ですね。

目安としては7ヶ月からと記載されていますが、
成長は個人差があるためしっかりと腰がすわったのを確認してからB型を検討しましょう。

またB型ベビーカーは価格も割と安いものが多いので、
セカンドベビーカーとして使う人も多いかと思います。

それぞれの用途に合わせてA型は荷物が増えそうな時、
B型は手軽に出かけたいときなど工夫していけたらいいですね。

~関連記事~
新生児にベビーカーを使うのはいつから?A型とB型の特徴を理解して自分のスタイルに合わせることが大切!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク