甘酒のアルコール度数は?子供に飲ませても大丈夫?違いを認識して飲み分けを!

甘酒のアルコール度数は?子供に飲ませても大丈夫?違いを認識して飲み分けを!

甘酒って、アルコール度数は入っているの?と気になっている人は多いはず。

確かに名前に「酒」とついているし、
アルコールが入っていても不思議ではないですよね。
でも普通に自動販売機で売られているし・・・。

よく初詣に行くと甘酒を配っていて、
車で来ているけど大丈夫かな?!なんて不安になるときもあります。

そこで今回は、甘酒にアルコール度数は含まれているのか、
また、子供に甘酒を飲ませても大丈夫なのかをご紹介していきたいと思います。

 

甘酒のアルコール度数について

甘酒のアルコール度数、気になりますよね。

良く自動販売機などで売られている森永の甘酒は、
アルコール度数1%未満としており、
カテゴリーとしては清涼飲料となっています。

そもそも甘酒とは米麹を発酵させて、
その含まれているでんぷんを甘くさせたものをいいますから、
アルコールは含まれていないんです。

ただ、香りづけとして酒粕を使って入り甘酒もあります。
つまり、アルコールが全くのゼロではなく、
微量には含まれている可能性がある!ということになりますね。

先ほどの森永の甘酒にも、原料の中に酒粕が含まれていますが、
あまりにも微量なために未成年でも飲むことができます。

初詣などで配られている甘酒は、
もしかしたら酒粕が多く使われている可能性もありますし、
もらう際に一言「車で来ているんだけど大丈夫?」くらいは聞いてみましょう。

微妙な返事だったら、ちょっとガマンしたほうが無難かもしれません。
この時期は飲酒運転も多くなる傾向にあり、
各所で検問を行っているところも多いようですので。

万が一ですが、酒気帯び運転にならない保証もないので、
飲まない選択も視野に入れておいてください。
奈良漬で酒気帯び運転で検挙された人もいるみたいですからね!

 
スポンサードリンク

子供に甘酒を飲ませても大丈夫?

先ほどもご紹介した通り、米麹から作った酒粕を使っていない甘酒なら、
アルコールは含まれませんので子供でも安心して飲むことができます。

昔妹が、甘酒好きで毎朝飲んでから学校に行っていました。
もしかしたら酒粕から作られている甘酒だったら、
アルコール分が含まれていた可能性があったんですね。

結論としては、米麹から作られた甘酒なら子供でも妊婦さんでも飲めます!

また、甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるくらい栄養成分がたっぷり含まれています。
カロリーには要注意ですが、美肌効果やアンチエイジング、
疲労回復などが効能としてあげられます。

子供が飲んでも大人が飲んでも嬉しいことたくさんの甘酒。
飲ませる時は、原材料に酒粕が使われていないかだけ、
確認するようにしてくださいね!

酒粕から作られている甘酒はアルコール度数8%くらいと、
割と高い数値なので香りでもすぐわかります。

初詣で配られている甘酒も、大人がまず香りをかいで、
アルコールの香りがしないかをチェックしたら良いでしょう。

 

甘酒の違いを認識して飲み分けを!

今回は甘酒のアルコール度数について、
また、子供が飲むのは大丈夫なのかをご説明してきました。

内容をまとめると、下記のようになります。

・市販の甘酒は清涼飲料にカテゴリーされており、アルコール度数は1%未満
・米麹から作られている甘酒はアルコール分が入っていない
・原料に酒粕が入っている場合、アルコールが入ってくる
・子供が飲めるのは、米麹を原料にした甘酒
・飲む点滴と言われるくらい栄養成分が豊富
・酒粕を溶かして作った甘酒は、アルコール度数8%くらいと高め

何気なく飲んでいる甘酒には2種類あったんですね。

大人の甘酒と、子供の甘酒、
しっかり分けて認識して正しく飲むようにしたいですね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク