赤ちゃんのよだれかぶれの原因や対策は?しっかりケアをしてお肌をキープ!

赤ちゃんのよだれかぶれの原因や対策は?しっかりケアをしてお肌をキープ!

よだれが多い時期の赤ちゃんは、よだれによる口元の荒れである、
「よだれかぶれ」が気になっちゃいますよね。

我が家でも、よだれが多かった生後半年くらいの時期、
よく口元が荒れてかぶれてしまい、皮膚科に通っていましたが、
このよだれかぶれってどんな原因で起こるのでしょうか?

赤ちゃんのツルツルお肌を守るために原因をしっかり見極めて、
対策をしていきたいですよね!

そこで今回は、赤ちゃんのよだれかぶれの原因や、
対策方法についてご紹介します。

 

赤ちゃんのよだれかぶれの原因

赤ちゃんの肌は大人に比べて非常に薄くなっています。
だからこそすべすべのお肌をしているんですね。

肌が薄いということは、それだけ外部からの刺激に弱く、
影響を受けやすいということになります。

よだれかぶれは、よだれか増え始める、
生後4ヶ月くらいからだんだん気になってきます。

これは、歯が生え始めるために歯茎がウズウズとむずがゆくて、
よだれが増えると考えられています。

これを放ったらかしにしていると、
よだれが皮膚に付着してかぶれてしまいます。

また、生後5ヶ月くらいになると離乳食もはじまり、
食べ物が口周りにつきやすくなります。
これもよだれかぶれの主な原因です。

我が子も離乳食を食べ始めてしばらくしてからが一番ひどく、
口の周りだけでなく、首やデコルテなどが荒れてしまっていました。

 
スポンサードリンク

よだれかぶれの対策方法

よだれかぶれの一番の対策方法は、
やはりこまめによだれを拭き取ることです。

しかも、よだれを拭くときにこすらず、
ポンポンと押さえるように拭くことがポイントです。

また、お風呂上がりには保湿クリームなどで、
しっかりケアをしてあげることも大切です。

よだれかぶれが酷くて、赤みやかゆみも強いといった場合には、
早めに皮膚科を受診して専門医に診てもらうのが良いと思います。

炎症を抑えるためにステロイドのお薬をもらうと思いますが、
心配せずにしっかりと塗って炎症を抑え、
治ってきたら保湿剤に切り替えていきましょう。

わたしも跡になったら嫌だったので、早めに病院へ行きました。
結果、1週間以内に症状が改善したので、
早めに行って良かったなと思います。

 

デリケートなお肌、こまめにケアを!

赤ちゃんのよだれかぶれについてご紹介してきましたが、
そもそも赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、
ちょっとしたことでかぶれやすいんですね。

よだれかぶれの対策は、肌についたよだれや食べ物を放置せず、
こまめに拭いてあげることです。

そして、しっかり保湿もして、
赤ちゃんのすべすべお肌をキープしてあげてくださいね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク