赤ちゃんのよだれが多い!病気の可能性は?急に増えた場合は注意を!

赤ちゃんのよだれが多い!病気の可能性は?急に増えた場合は注意を!

赤ちゃんは歯が生え始めてくるちょっと前からよだれが増えてくる、
これは基礎知識としてご存知のお母さんも多いと思います。

しかし、いくらよだれが増えてくるとは言っても、
これはちょっと量が多過ぎない!?
こんな心配、結構ありますよね。

ただの思い過ごしであれば良いのだけれど、何か病気が潜んでいて、
よだれが増えているという場合もゼロではないのです。

そこで今回は、赤ちゃんのよだれが多い理由と、
考えられる病気をご紹介したいと思います。

 

赤ちゃんのよだれが多い理由

赤ちゃんのよだれが多い理由は、主に3つあります。

理由①:口の中を清潔に保つため
唾液には口の中の細菌をやっつけてくれるという殺菌作用があります。
そのため、歯が生えてくる口の中を清潔に保つ役割を果たすのです。

理由②:消化機能を良くするため
これから始まる離乳食に向けて、
消化液のひとつである唾液を活発に分泌させることで、
消化機能を向上させるはたらきがあります。

理由③:口の筋肉が未発達のため
赤ちゃんは大人と違って口元をキュッと締める筋肉がまだ未発達です。
そのため口が半開きになり、よだれが出てしまうんですね。
また、出た唾液をゴックンと飲み込むこともスムーズにできないため、
どんどんよだれが増えてしまうのです。

 
スポンサードリンク

よだれが多い場合に考えられる病気は?

では、今まで普通だったよだれが急に増えたりした場合に、
考えられる病気はあるのでしょうか?

一番に思いつくのが、口内炎です。
口内炎ができる原因としては口の中が傷ついてしまったときがありますが、
手足口病やヘルパンギーナが原因となっている場合もあります。

手足口病は発熱が起こらない場合もあるので、
手足の発疹ができていないかどうかなどを注意深く見ることが大切です。

夏に流行するヘルパンギーナも、
発熱とともに喉や口の中にできものができてしまうので、
痛みでよだれが増えてしまうことがあります。

これらはよだれが増えるだけでなく、
痛みも伴うので泣いたり機嫌が悪かったりすることが多いようです。

よだれが急に増えたときはまず口の中を見てみて、
口内炎やできものができて痛がっているようであれば、
早めに医療機関を受診するようにしましょう。

また、まれに大人にも感染することがありますので、
大人は日頃から体力をつけて免疫力を上げておくなど意識付けが大切です。

手足口病やヘルパンギーナは重篤な症状にはなりませんが、
なにせ口の中の粘膜に炎症がでますので、
赤ちゃんにとってはかなりのストレスがかかります。

しっかり赤ちゃんの様子を見つつ、看病をするようにしてくださいね。

 

よだれが急に増えたときは注意!

赤ちゃんのよだれが増えることで考えられる病気などをご紹介してきました。

通常は発達の段階でよだれは自然と増えていくものではありますが、
急によだれが増えたり赤ちゃんの様子が違ったりしたときは注意が必要です。

そして、よだれが増えたときに考えらる病気としては、
手足口病、ヘルパンギーナなどが潜んでいる可能性もあります。
これらは口の中に炎症が起こることで痛みからよだれが増えるのです。

そのときはなるべく早めに医療機関を受診して医師の診断を受け、
対処するようにしていきましょう。

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク