赤ちゃんの予防接種後にお風呂はどうする?副作用の様子を見て判断を!

赤ちゃんの予防接種後にお風呂はどうする?副作用の様子を見て判断を!

赤ちゃんの細い腕、時には太ももに針を刺される予防接種、
見ているだけで泣きそうになるお母さんは、わたしだけではないはず!

そんな予防接種の注意事項として、
前日にはお風呂に入って清潔にしておくようにとありますよね。

でも、予防接種を打ったあとはお風呂に入っても大丈夫なんでしょうか?
今回は、赤ちゃんの予防接種後のお風呂について説明していきたいと思います。

 

赤ちゃんの予防接種後、お風呂に入れられる?

予防接種後にお風呂に入れられるについてですが、
先に結論から言ってしまうと、
予防接種をした当日は、お風呂に入っても大丈夫です。

ですが、いつも通りにお風呂に入れるのではなく、
いくつか注意事項があります。

注意①:予防接種の注射を刺したところを強くこすらない
赤ちゃんの肌は非常にデリケート。
予防接種後の跡が腫れていたり赤くなっていたりする場合などもあります。
ささっとお湯で洗い流す程度にし、擦り洗いは避けるようにしましょう。

注意②:熱などの副作用があるときにはお風呂は避ける
予防接種の副作用で発熱が起こることは結構多いものです。
お風呂に入る時点で微熱だとしても発熱をしていたら、
その日の入浴は避けましょう。
その他にも機嫌が悪かったり、いつもと様子が違うときは、
念のためお風呂には入れないほうが良さそうです。

注意③:熱いお湯は避け、短時間で済ませる
お風呂に入る、という作業は実は結構体力が要るもの。
そのため、ぬるめのお風呂に短時間というのが、
予防接種後のお風呂の鉄則になります。
夏場であればシャワーで軽く洗い流して、サッとあがるようにしましょう。

 
スポンサードリンク

予防接種後にお風呂に入れていいまでの目安時間

予防接種を受けてからどのくらいの時間が経てば、
お風呂に入っていいのかも気になるところですよね。

通常、予防接種後1時間が経過していれば、
お風呂に入っていいことになっています。

これは予防接種後30分が重篤な副作用が出やすい時間であることと、
傷口からの感染を防ぐ意味もあるようです。

ほとんどの場合、午前中~お昼くらいに予防接種を受けますから、
その日の夕方~夜の時間帯になれば、
通常通りの時間にお風呂に入れるので大丈夫ということになります。

特に副作用など見られないようでしたら、
普段通り入浴させてあげましょう。

 

赤ちゃんの様子をしっかり見て判断を!

今回は赤ちゃんの予防接種後のお風呂について、
注意事項や時間帯などをご紹介してきました。

基本的には予防接種後1時間経過して、
特に副作用がなければお風呂に入っても大丈夫です。

ただ、発熱などの副作用が見られる場合は、
その日の入浴は避けたほうが無難でしょう。

ですので、予防接種を受けたら赤ちゃんの様子をしっかり見て、
お風呂に入れるかどうか判断してあげてくださいね。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク