赤ちゃんにお茶はいつからあげられる?あげるときに注意したいポイントは?

赤ちゃんにお茶はいつからあげられる?あげるときに注意したいポイントは?

赤ちゃん用品店に行くと、たくさんの赤ちゃん専用のお茶が売られていますね。
我が家の子供は、赤ちゃん用の十六茶がお気に入りでいつも愛飲しています。

他にも麦茶やほうじ茶がメインで様々な種類があり、
思わず目移りしてしまいますよね。

ですが、これらのお茶はいつごろからあげられるようになるのでしょうか?

今回は、赤ちゃんにお茶をあげられる時期と、
あげるときの注意点についてご紹介します。

 

赤ちゃんにお茶をあげられるのはいつから?

赤ちゃん用品店や薬局で売られている赤ちゃん麦茶やほうじ茶のほとんどは、
生後1ヶ月から飲めるとパッケージに表記されています。

しかし、この頃の赤ちゃんはミルクや母乳をメインに飲んでおり、
正直、お茶を飲まなくても十分足りているので、
無理に与えようとしなくても大丈夫です。

わたしたちのお母さん世代では、
お風呂上がりに白湯やお茶などを与えるという常識がありますが、
現在ではミルクや母乳があれば必要ないと言われています。

現に、わたしが最初に子供にお茶を飲ませたのは、
離乳食が始まってからの生後5ヶ月です。

哺乳瓶を受け付けない子だったので
ノンカフェインの麦茶をスプーンで与えてみました。

最初は初めての味に、ベーッと出していましたが、
すぐに慣れてゴクゴク飲んでくれるようになりました。

 
スポンサードリンク

お茶をあげるときの注意点

では、赤ちゃんにお茶をあげるときに、
注意したいポイントを3つご紹介します。

ポイント①:温度に気をつける
ミルクを飲ませる時も、人肌の温度に調節しますよね。
お茶も同じで、極端に冷たかったり熱かったりしないよう気をつけましょう。
特に冷蔵保存していたお茶を与える時は、
レンジで温めるなどして調節してくださいね。

ポイント②:量に注意する
お茶の飲ませすぎでミルクや母乳の飲みが悪くなるようなことが無いように、
適量を与えるようにすることが重要です。
また、離乳食の際も食事を中心にして、
お茶の飲みすぎでごはんが食べられないことがないように注意しましょう。

ポイント③:飲ませ方に注意する
最初は哺乳瓶やスプーンで少量飲ませるようにすれば大丈夫ですが、
そのあとは成長に応じてスパウトからストローマグに移行していき、
お茶でストローの練習をさせることも大切です。

いつまでも哺乳瓶を使わないように、だんだん練習しておくと楽ですよ!
我が子は哺乳瓶やスパウトを使わなかったので、
6ヶ月からストローマグをマスターしておりました。

ストローが早くから使えると様々な飲み物が飲みやすくなるので、
積極的に練習していきたいですね。

 

お茶が活躍するのは離乳食から!

赤ちゃんのお茶の飲ませはじめる時期や注意点などをご紹介しましたが、
お茶は意外と低月齢から飲ませることができます。

ですが、実際はミルクや母乳で事足りているので、
お茶が活躍するのは離乳食が始まったら、という場合がほとんどです。

飲ませ方としては、温度や飲ませる量などに注意しながら、
ストローの練習をしていくと良いですよ♪

特に離乳食が始まったら水分不足になりやすいので、
便秘を防ぐためにもお茶を飲ませるようにしましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク