赤ちゃんとの添い寝はいつからできる?できれば毎日するべき?

赤ちゃんとの添い寝はいつからできる?できれば毎日するべき?
スポンサードリンク

赤ちゃんとの添い寝、本当に癒されますよね。

今でこそ我が子との添い寝は「癒し」の一言に尽きますが、
まだ産まれたばかりの新生児の頃は癒しというよりも、
「不思議」な気持ちでいっぱいでした。

そんな赤ちゃんとの添い寝、具体的にいつからできると思いますか?
今回はそんな赤ちゃんとの添い寝の時期についてご紹介します。

 

赤ちゃんとの添い寝はいつからできる?

まず赤ちゃんの添い寝できる時期なのですが、
特に何週後、何ヶ月後という決まりはなく、
産まれたらすぐにできます。

病院によっては、産まれた日から、
母子同室で添い寝を推奨しているところもあります。
わたしも産んだその日から同じ部屋で隣で寝ていました。

わたしの場合、一番最初に添い寝したのは出産直後で、
無事産まれて、赤ちゃんに初めて母乳を与えるときは添い寝であげ、
その後しばらくはそのままでいました。

一緒に寝ることで赤ちゃんはもちろん安心しますが、
お母さんも精神状態が良くなりますので積極的にしていきたいですね。

わたしは出産後痛みが強くて座ることが非常に困難で、
添い寝しながらの授乳は楽でしたので、
自宅に帰ってきたら、ずっと隣で寝ていました。

 
スポンサードリンク

添い寝は毎日するべき?

わたしの家ではベビーベッドを用意していたのですが、
結局毎日添い寝で一度も使うときがありませんでした。

母乳で育てていたのもあり、ほとんど夜中の授乳も添い乳で、
隣で寝てくれていることでわたしも楽をさせてもらっていました。

正直、産後のからだがしんどい時期に添い寝で眠っていたので、
大して動かずに授乳できたのはありがたかったです。

添い寝は、赤ちゃんもお母さんの温もりを近くで感じることができるので、
夜も不安にならずに済みます。

そして、赤ちゃんと一緒に寝ていれば、
すぐに赤ちゃんの様子を見ることができるのが大きいです。

わたしも最初は神経質で、ちょっと寝ていると、
「息してるかな?」と不安になっていたので、
横ですぐ確認できるのはとてもよかったです。

添い寝は毎日するべきという決まりはありませんが、
色々とメリットがあるので、できるだけ一緒に寝てあげてほしいですね。

 

赤ちゃんと添い寝してお母さんも癒しを!

今回は赤ちゃんとの添い寝についてご紹介してきました。

赤ちゃんとの添い寝は産まれたらすぐにできますし、
一部の病院でも添い寝を積極的に推奨しているので安心ですよね!

そして、いつでも隣で赤ちゃんの様子を見てあげられるので、
精神的に不安定になりやすいお母さんの心も癒してくれます。

赤ちゃんのスヤスヤとした寝顔を見ながら、
ぜひ極上の癒しを体験してくださいね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク