赤ちゃんがミルクを嘔吐するときの原因・対策は?噴水のように吐く場合は医療機関に相談も!

赤ちゃんがミルクを嘔吐するときの原因・対策は?噴水のように吐く場合は医療機関に相談も!

赤ちゃんの頃は授乳も一苦労ですよね!

でも、産まれたばかりの赤ちゃんならば、
やっとミルクを飲んだと思ったら盛大に嘔吐してしまった・・・!
なんてことは日常茶飯事です。

我が子も4ヶ月になるまではしょっちゅう吐いてましたが、
赤ちゃんがミルクを嘔吐してしまうのにはきちんと原因もあり、
同時に対策も立てられるんですよ!

今回はそんな赤ちゃんの嘔吐について調べてみましょう。

 

赤ちゃんがミルクを嘔吐したときの原因

赤ちゃんがミルクを良く吐いてしまうのには、胃の形が関係しているんです。

ご存知の通り、大人の胃は通常横長になっていますよね。
ですが、赤ちゃんの胃の形は「トックリ」と同じような形をしており、
すぐに逆流できてしまうような形をしているんです。

大人のような位の形になるのは生後4か月を過ぎたあたりからだといわれており、
それまでは赤ちゃんが嘔吐してしまうのは仕方がないことだったんですね。

我が家も本当に生後3か月くらいまでは毎日数回吐いていたんですが、
離乳食が始まる5か月ごろになったらピタッと吐かなくなりました。
赤ちゃんの胃の形も、成長とともに大人に近づいていってるんですね。

また、ミルクの後のげっぷが不十分だと、
気持ちが悪くなって吐いてしまうこともありますので、
飲ませた後は必ずげっぷをさせてくださいね。

 
スポンサードリンク

ミルクを嘔吐したときの対策

赤ちゃんがミルクを嘔吐してしまった時はどうすれば良いのでしょうか?
そのポイントは、赤ちゃんを横向きにすることです!

仰向けで寝ている赤ちゃんですが、
吐いてしまった時には吐しゃ物をのどに詰まらせてしまうことがありますので、
横向きにしておきます。

できれば頭の下にタオルを敷いておいて、
吐いたときに処理が簡単に済むようにすると負担が減りますよ。

もし頻繁に噴水のように吐くという場合は、
心配ですので小児科医に相談して診察を受けることをおすすめします。

友人であまりに赤ちゃんが噴水のように吐くということで病院に行ったら、
手術が必要だったということがありましたので、
少しでもおかしいなと思った時は医療機関へ相談をする癖をつけましょう。

 

赤ちゃんがミルクを嘔吐したときはしっかりと観察を!

赤ちゃんによくみられる症状の一つである嘔吐についてお話してきました。
ほとんどが胃の形やげっぷによるもので、心配はいらないことが分かりましたね。

期間も生後4か月くらいまでには治まります。
ただ噴水のように吐く場合は病院の受診が必要だということも。

しっかりと赤ちゃんの様子を観察して、
おかしいなと思ったら病院へ行くようにしましょうね。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク