赤ちゃんの黄色い目やには風邪?気になる原因は?結膜炎などの可能性も!

赤ちゃんの黄色い目やには風邪?気になる原因は?結膜炎などの可能性も!

ふと赤ちゃんの目を見ると、黄色い目やにがついている!
そんなこと、結構多いですよね。

わたしはいつも見つけるとガーゼなどで取り除いてしまうんですが、
ちょっと風邪気味だったりするときに、
目やにがついていることが多いような気もします。

そこで今回は、赤ちゃんの黄色い目やにについて、
原因や状態を説明していきたいと思います。

 

赤ちゃんの目やにについて

赤ちゃんの目やには決して珍しいものではなく、
日常的に起こりうる症状です。

ちょっとだけ目のふちについているものから、
びっしりとついているものまであります。

基本的に新生児や乳児期の赤ちゃんはまつ毛が瞳に当たりやすく、
雑菌やホコリなどが目に入りやすいのです。
そのために、大人よりもはるかに結膜炎にかかりやすくなっています。

改めて子供の目を観察してみると、上のまつ毛は問題なさそうなのですが、
下のまつ毛が、ガッツリ瞳に触れてしまっていました…。
頻繁に目やにが付着しているのはこれが原因なのかなと思います。

我が子はひどい結膜炎を一度やっていますが、
そのあとは特にひどい症状が起こることもなく、
ガーゼでふき取るくらいで十分なほどの量で落ち着いています。

 
スポンサードリンク

赤ちゃんが黄色い目やにが出るときの状態

赤ちゃんの気になる黄色い目やには、主に2つの原因が考えられます。

原因①:結膜炎
ホコリや細菌が原因で、目の結膜が炎症を起こしてしまうのが結膜炎です。
我が子が3ヶ月くらいのとき、朝起きておっぱいはたくさん飲むのに、
目を開けないというときがあり、小児科を受診したことがあります。

そしたらそのまま眼科を紹介してもらい、受診したら結膜炎でした。
良く見ると、目やにがびっしりと目の中に!
でも、抗生物質の目薬を処方してもらったら、すぐに良くなりました。

赤ちゃんは粘膜がまだ弱いので、
少し風邪気味だったりするとさらに粘膜が弱まり、
結膜炎になりやすいのだそうです。

原因②:先天性鼻涙管閉鎖
通常目に細菌などが入り込むと、
鼻涙管と呼ばれる箇所から涙を出して流そうとします。

しかし、先天性鼻涙管閉鎖の場合、
産まれながらに鼻と目をつなぐ鼻涙管が閉じてしまっているため、
細菌を洗い流すことができなくなってしまいます。
そのため目やにが溜まってしまうのです。

これは片側だけ目やにが出る、といった症状が出やすいので、
よく赤ちゃんの様子を観察するようにしましょう。

 

赤ちゃんの状態を見て対応を!

今回は赤ちゃんの黄色い目やにについて、
原因や状態を説明してきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんに黄色い目やにが出る原因としては、
結膜炎や先天性鼻涙管閉鎖が考えられるということがわかりました。

赤ちゃんは粘膜が弱いので、ホコリや雑菌が入ったり、
風邪気味だったりすると簡単に結膜炎にかかってしまうのです。

赤ちゃんの目やにの状態を確認しながら、
症状が重いようなら早めに眼科を受診することをおすすめします。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク