赤ちゃんのくしゃみ、鼻水、咳が出たときの原因と対処法は?

赤ちゃんのくしゃみ、鼻水、咳が出たときの原因と対処法は?

代表的な風邪の諸症状であるくしゃみ、鼻水、咳。
赤ちゃんはただでさえ免疫力が低く、風邪をひきやすい状態にあります。

特に空気が乾燥して寒い冬は、
こうした風邪の諸症状が出やすいですよね。

大人でも風邪の症状が出ると不快なんだから、
きっと赤ちゃんはもっとつらいはずです。

そこで今回は、赤ちゃんのくしゃみ、鼻水、咳について、
原因を見ていきたいと思います。

 

赤ちゃんのくしゃみ、鼻水

ちょっとした拍子に鼻が垂れたり、くしゃみが出てしまったりと、
赤ちゃんは本当にくしゃみや鼻水が出やすいですよね。

滅多に風邪を引かない我が子も、
やはり風呂上がりは結構くしゃみをします。

鼻水で鼻ちょうちんをつくったりして、
心配ながらもほのぼのさせてくれます。

赤ちゃんは大人に比べて鼻の通り道である鼻腔が狭く、
鼻毛も十分に生えていないので、
ちょっとしたことで刺激を受けやすいのです。

そのためにすぐにくしゃみが出たり、
鼻水がタラっと垂れてきてしまうんですね。

大人はある程度鼻毛がフィルターになっていますし、
鼻腔が広いので粘膜がダメージを受けにくいのです。

ですが、赤ちゃんは少しのホコリなどでダイレクトに感じてしまうので、
異物を追い出そうと鼻水が出やすい構造になっています。

くしゃみが鼻水が多いときでも、
特に発熱や機嫌が悪かったりしない場合は、
自然治癒で問題ないかと思います。

また、鼻水が多い場合は、鼻水吸引器で吸い出して、
呼吸を楽にしてあげると良いでしょう。

 
スポンサードリンク

赤ちゃんが咳をするときの原因

赤ちゃんの咳はすごく苦しそうで、
聞いている方が辛くなってしまいますよね。

我が子はまだ咳が出たことは無いのですが、
予防接種で病院に行った時に風邪を引いた子供とすれ違ったとき、
ずっと苦しそうな咳をしていた記憶があります。

赤ちゃんの咳が出てしまう原因としては、
主に細かいホコリやチリを吸い込んでしまったり、
空気が乾燥していたりした場合が多いです。

このときは、渇いたコンコンという咳が出ます。

一時的であれば特に心配することはないのですが、
これが長く続くならば気管や喉に炎症が起きている可能性があります。

一方、ゼーゼー、ヒューヒューといった、
非常に苦しそうな咳が出ている場合は、
小児ぜんそくを起こしている可能性があるので注意が必要です。

また、ゴホゴホといった湿った咳が出ている場合は、
痰が絡んでいることが多いので風邪によるものがほとんどです。

このような咳が出た場合は、早めに病院を受診して診察を受けましょう。
症状によっては、咳止めや気管支を拡張する薬が処方されます。

 

症状が続くようなら病院へ!

今回は赤ちゃんによく見られるくしゃみ、鼻水、咳について見てきましたが、
これらの症状は何も問題ないものから、
病院に行った方が良いものまで多岐にわたります。

問題がないものは一時的なものの場合が多いので、
少しでも症状が続いていたり赤ちゃんの機嫌が悪かったりするときは、
早めに病院で診てもらうようにしましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク