赤ちゃんの鼻水、吸い方のコツは?嫌がらないように自然な流れで!

赤ちゃんの鼻水、吸い方のコツは?嫌がらないように自然な流れで!

ちょっと風邪気味だったり、泣いた後だったり、
とにかく赤ちゃんは鼻水を出す機会がダントツに多いですよね。

大人ならすぐティッシュで鼻をかめば良いところなのですが、
赤ちゃんだと当然そうもいきませんので、
大人が鼻水を吸ってあげる必要があります。

そこで今回は、赤ちゃんの鼻水を吸う方法や、
吸い方のコツについてご紹介します。

 

赤ちゃんの鼻水を吸う方法

赤ちゃんの鼻水を吸い取るにはどのような方法があるのでしょうか?
主に4つの方法がありますので、順番に見てみましょう。

方法①:綿棒で取る
より粘度の高い、鼻くそに近い鼻水ならば、
綿棒で拭って取ってしまうのが簡単で良いでしょう。
このときに綿棒の先ギリギリを持って鼻の穴に入れると、
奥まで綿棒が刺さってしまうことがないので安全です。

方法②:鼻水吸引器を使う
市販の鼻水吸引器には2種類あって、
スポイト状になっている手動タイプと口で吸うタイプがあります。
直接口で吸うよりも、鼻水が逆流しないような構造になっているので、
お母さんに感染しにくくなっています。

方法③:口で吸う
一番レトロな方法ではありますが、安全性ではダントツ一位です。
ただし、これは赤ちゃんの鼻水がお母さんの口の中に入ってしまうため、
風邪がうつりやすいという難点もあります。

方法④:耳鼻科で吸ってもらう
お母さん自身が赤ちゃんの鼻水を吸い取るのに自信がなかったら、
やはり専門家である耳鼻科の先生に機械で鼻水を吸い取ってもらいましょう。
ただ、待合室には他にも風邪の人がたくさんいますので注意してください。

 
スポンサードリンク

鼻水の吸い方のコツ

続いて、赤ちゃんの鼻水を吸い取るときに、
押さえておきたいポイントやコツをご紹介します。

まず、頭はなるべく動かないように固定することが大切です。
片方の手で頭を押さえながら、
片手で鼻水を吸い取るようにするのが良いでしょう。

また、鼻水を吸い取るのを嫌がる赤ちゃんはたくさんいます。
そんなとき、やっぱり安心するのはお母さんとの密着。

これを利用して、お母さんと密着するように抱っこして、
鼻水を吸い取るということも効果的です。

わたしは授乳に集中している間に鼻水を吸い取っていました。
なるべく赤ちゃんを怖がらせないように、
自然な流れで鼻水をうまく吸い取ってあげたいですね。

 

鼻水が滞ると中耳炎になることも・・・

今回は赤ちゃんのズルズルとした鼻水を、
うまく吸い取るポイントについてご紹介してきました。

簡単なものでは綿棒から、鼻水の吸引器まで、
様々な方法があることがわかりましたね。

鼻水が長く滞っていると、中耳炎の原因にもなってしまいますので、
鼻がズルズルしていたら早めに吸い取ってあげると良いでしょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク