赤ちゃんの春の肌着の選び方は?寒さ対策をしつつちょっぴりオシャレに!

赤ちゃんの春の肌着の選び方は?寒さ対策をしつつちょっぴりオシャレに!

ようやく寒くて長い冬が終わり、
暖かな空気が流れ込む気持ちの良い春がやってきます。

そんなとき、赤ちゃんもぜひ大人たちに合わせて、
衣替えをしてあげたいところですね!

でも、春の赤ちゃんの肌着ってどんなものを選べばいいのか、
イマイチよく分からないという人も多いはず。

そこで今回は、赤ちゃんの春の肌着の選び方や、
具体的な服装例をご紹介します。

 

赤ちゃんの春の肌着を選び方

冬は肌着とカバーオールの重ね着で防寒対策をしてきた赤ちゃんも、
春は少し薄着をさせて動きやすい服装にしてあげましょう!

まず、春の肌着は生後3ヶ月以降であればロンパースがオススメです。
新生児から3ヶ月までは長袖の長肌着とオムツで良いのですが、
ロンパースならどんなに動いてもお腹が出ることがありません。

そして足を激しく動かしたとしても、
全く問題ありませんので暴れたい放題というわけです。

でも生地はちょっとだけ厚めで長袖のものがありますので、
このようなロンパースを選んでみてください。

男の子ならボーダーなどの柄、
女の子は花柄で衿つきなど様々なデザインもありますよ♪

わたしの娘はずっとロンパースを愛用していて、
生後半年で腰がすわったらロンパースの上からズボンを着せていました。
室内はだいたいこれでオッケーなのでとっても楽ですよ!

 
スポンサードリンク

春の肌着の例

春だと、室内では先ほどもお話しした通りロンパースで充分です。

ただ、足が少し寒々しいと思ったら、
ズボンかレッグウォーマーを着せてあげてください。

レッグウォーマーは、ハイハイするときに膝が痛くない、
というメリットもありますし、寒さ対策もバッチリです!

腰がすわらないうちは、ズボンよりレッグウォーマーが良いと思います。
レッグウォーマーもいろんなデザインがあって、
隠れたオシャレアイテムなんですよ!

外に出かけるときは、ロンパースの上にカバーオールを着るのが、
低月齢の赤ちゃんとしてはベストでしょう。

腰がすわっていれば、先ほどのロンパース+ズボンに、
カーディガンなどを合わせても良いですね。

わたしは外行きの服にイチから着替えるのが大変だったので、
カーディガンは良く活用していましたよ!

 

春はロンパースがオススメ!

今回、赤ちゃんの春の肌着や服装についてご紹介してきましたが、
暖かくなってくる春は少し薄着なくらいでも大丈夫です。

重宝するのはやはりロンパースで、
月齢が上になってもずっと着られるのでとても便利です。

ただ、ロンパースの前開きタイプは、
1歳を過ぎると自分で脱いでしまうので、
肩ボタンにすることをオススメします。

春らしいカラーの肌着を着て、気分を盛り上げましょう♪

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク