冬の室内で赤ちゃんに靴下を履かせるべき?手足は冷たくても正常、怪我にも注意!

冬の室内で赤ちゃんに靴下を履かせるべき?手足は冷たくても正常、怪我にも注意!

冬に、からだの中で一番冷えやすい場所というと、
多くの人は足!と答えると思います。

かくいうわたしも足が寒くなってしまうため、
室内ではモコモコ靴下をいつも履いています。

でも赤ちゃんの足は大丈夫なんでしょうか?
大人と同じように室内で靴下を履いてもいいのか、
それとも裸足でいさせて大丈夫なのか気になりますよね。

そこで今回は、赤ちゃんの足元事情についてご紹介したいと思います。

 

赤ちゃんの足の体温について

冬にふと赤ちゃんの足を触ってみたら、とても冷たい!
慌てて靴下を履かせた、というお母さんも多いことかと思います。

でも、赤ちゃんのからだを触ってみて温かければ、
足は冷たくても正常だってご存知でしたか?

わたしは、子供が産まれてから母に
「赤ちゃんは手足で放熱しているんだから靴下は普段履かせなくていいんだよ」
と教えられてきました。

正直、「こんなに足が冷たいのに大丈夫なのかしら」なんて思ったものですが、
その通りで赤ちゃんは体温調節を手足でおこなっているんだそうです。

足が冷たくても、他の衣服に覆われた部分(お腹や背中)を触ってみて、
温かいようであれば赤ちゃんが寒いということはないので安心して大丈夫です。

逆にお腹や背中が冷えていたら、
部屋を暖めたり一枚多く着させたり工夫をしていきましょう。

 
スポンサードリンク

冬の室内では靴下を履かせるべき?

結論からいうと、冬であっても室内では靴下は履かせなくても大丈夫です。
その理由は主に3つ考えられます。

理由①:足から放熱しているため
先ほども説明した通り、赤ちゃんは足で体温調節をしており、
からだにたまった熱を放出しているんですね。
そこで靴下を履かせてしまうと汗をかいて、
そこから足が冷えてしまうこともあるので気をつけましょう。

理由②:成長が妨げられるため
立ち始めやあんよが始まったくらいから、
足の裏には土踏まずができてきます。
これが室内でも靴下を履いてしまうと、
土踏まずの形成が不十分になってしまうのです。

理由③:怪我の原因になるため

活発にあんよをし出す頃に靴下を履いていると、
フローリングなどで滑って怪我をしてしまったりする可能性があります。
活発な行動が靴下で制限されてしまうということですね。
室内では、思いっきり裸足で遊ばせるようにしましょう!

 

外では靴下を履く習慣を!

赤ちゃんの靴下事情についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんは、室内では足元は無理に靴下を履かせずに、
ノビノビとさせた方が良いんですね。

赤ちゃんは足から放熱しているということから冷たくなりやすいので、
体温チェックする際は服に覆われている部分を確認しましょう。

ですが、特に動きが活発になったら外でも靴下を脱ぎたがるので、
小さなうちは冬は外で靴下を履く習慣をつけておきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク