赤ちゃんの冬の肌着や服装をポイントをご紹介!風邪を引かないように注意を!

赤ちゃんの冬の肌着や服装をポイントをご紹介!風邪を引かないように注意を!

まだ体温調節機能が未熟な赤ちゃん、
特に冬の寒さに関しては、親として少し神経質になってしまいますよね。

風邪を引くことなく元気に過ごせるような服装は、
どんなものが良いのでしょうか?

そこで今回は、赤ちゃんの冬の肌着や服装について、
選び方のポイントや具体的な例をご紹介したいと思います。

 

赤ちゃんの冬の肌着や服装を選ぶポイント

赤ちゃんに寒い思いをできるだけさせないようにするには、
厚着をさせれば大丈夫!と思っている人も多いかと思います。

しかし、あまりに厚着をさせてしまうと赤ちゃんが動きづらくなってしまったり、
逆に汗をかいて冷えてしまったりするので注意が必要です。

では赤ちゃんの冬の肌着や服装を選ぶポイントについてですが、
主に2つありますので見ていきましょう。

・ポイント①:お腹が出ない肌着にする
冬の肌着は、どんなに動いてもお腹が出ることがないコンビ肌着、
ロンパースなどがオススメです。

特にわたしの場合ロンパースは本当に小さい0歳児から、
現在1歳半になりますがずっと愛用していますよ♪
今は可愛い柄のロンパースも増えているので探してみてくださいね。

・ポイント②:1枚で暖かいカバーオールにする
肌着の上にカバーオールを着るわけですが、
この上に更に何か着せるとなると着させすぎてモコモコしてしまいます。

成長途中の赤ちゃんはとにかく動きたいと思いますので、
なるべくなら薄着を心掛けたいところです。

そこで肌着の上に着るカバーオールは裏毛のものにしたり、
1枚だけで充分暖かいものを着るようにしましょう。
我が家では、裏毛のカバーオールオンリーでした。

 
スポンサードリンク

冬の肌着や服装の例

ではここでわたしが実際に、
赤ちゃんに着させていた冬の服装についてご紹介しましょう!

■1枚目
肌着は長袖のロンパース、あるいはコンビ肌着が良いでしょう。
ロンパースは前開き、肩ボタン式とありますが、
月齢が低い赤ちゃんならば前開きが着させやすくてオススメです。

1歳を過ぎると自分でボタンを外してしまうので、
肩や背中ボタンのロンパースが良いですよ!

■2枚目
カバーオールは長袖、長ズボンの裏毛でしっかり防寒対策をするようにします。
ジャンプスーツのようなものだと、足まですっぽり覆えるものもありますので、
冬にはぴったりかもしれませんね。

セパレートの場合は、裏毛のトップスにレギンスなど、
寒い空気が肌に当たらないようにしましょう。

■3枚目
アウターは冬の初めはカーディガンで大丈夫ですが、
ダウンジャケットやコートなど風を通さない素材を着させるようにしましょう。
首を寒い空気からガードしつつ、締め付けすぎないデザインがオススメです。

 

風邪を引かないように服装にも注意を!

赤ちゃんの冬の肌着や服装を選ぶポイントについてや、
実際の例をご紹介してきましたが、参考になりましたか?

赤ちゃんは体温調節がまだ上手ではないので、
しっかりと防寒対策してあげないといけません。

肌着は長袖のロンパース、その上に裏毛のカバーオール、
アウターが一番赤ちゃんにとってはベストな組み合わせだと思います。

どれも共通して言えることは、
赤ちゃんの肌に当たっても肌に優しい素材であることと、
風を通さない素材であること。

赤ちゃんが風邪を引かないように、
服装にも十分に気をつけていきましょう!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク