赤ちゃんの冬の布団、羽毛にするべき?保温性の高さがマイナスになることも!

赤ちゃんの冬の布団、羽毛にするべき?保温性の高さがマイナスになることも!

羽毛布団といえば、大人が使う布団では温かくて軽く、
人気が高いものとなっていますよね。

わたしも寝具にはこだわりたくて、
西川の羽毛布団で冬でも快適な眠りについています。

赤ちゃんの布団に使われている素材は綿が多いのですが、
赤ちゃんに羽毛布団を使うのはどうなんでしょうか?

今回は、赤ちゃんの布団と羽毛布団について説明していきたいと思います。

 

羽毛布団の特徴について

羽毛布団といえば「柔らかい、軽い、暖かい」と三拍子揃ったスグレモノで、
多くの人が冬に使いたいと考えるものです。

外が寒くても保温性が高い羽毛布団に入れば、
気持ちよく眠りにつけるというものです。

ただ、やはりそんな素晴らしい機能があるものですから、
それなりにお値段がするんですよね・・・。

わたしもそこがネックになり羽毛布団を購入するまでかなり悩みましたが、
布団はそんなに頻繁に買い換えるものではないし、
長く使えば元は取れる!と思って購入しました。

羽毛布団にしてからは今までお布団が重く感じて寝苦しかったのが一変して、
気持ちよく安眠できるようになりました。
布団一枚でこれだけ違うのか!というのが正直な感想です。

 
スポンサードリンク

赤ちゃんも羽毛布団にするべき?

大人が使うとこんなにも良い点が浮き彫りになる羽毛布団ですが、
赤ちゃんにとってはどうなんでしょうか?

結論から言うと、残念ながら羽毛布団は赤ちゃんには適さないのです。
その原因としては下記の点が挙げられます。

・保温性が高いため、熱がこもって赤ちゃんの体温が上昇してしまう。
・ホコリやチリなどを吸着しやすく、アレルギーが起こりやすい
・赤ちゃんには短期間しか使わないため、コストパフォーマンスが悪い

また、羽毛布団は分厚いことが多いので、
赤ちゃんにかぶさると窒息の危険もあります。
そのため赤ちゃんに使われるのは硬めの綿素材でできた布団なんですね。

わたしは子供と添い寝をしていますが、
掛け布団だけはしっかり分けていますよ。

さらに、赤ちゃんに羽毛布団がかからないように、
少し下にズレて寝るようにしています。

 

羽毛布団の特徴を理解して選択を!

今回は赤ちゃんの布団に羽毛布団はふさわしいのか、
ということに関してご紹介してきました。

羽毛布団は柔らかくて保温性が高いのですが、
これは赤ちゃんにとってはマイナスになってしまうんですね。

万が一布団をかぶってしまったとき、
羽毛布団だと窒息のおそれがありますが、
通気性が良い硬めの綿素材であれば安心です。

それぞれの布団の特徴をしっかりチェックして、
赤ちゃんの布団を選んでいきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク