赤ちゃんの布団、冬はどんなものを選ぶべき?快適な睡眠をさせるためには?

赤ちゃんの布団、冬はどんなものを選ぶべき?快適な睡眠をさせるためには?
スポンサードリンク

寒い冬、赤ちゃんにかける布団は、
どんなものを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

うちの子はとにかく布団を掛けられるのが嫌みたいで、
掛けた瞬間から蹴飛ばして大の字で寝てしまいます。(汗)

今回は寒さ対策ができて、なおかつ赤ちゃんにストレスを与えにくい、
冬の布団の選び方をご紹介していきます。

 

赤ちゃんの冬の布団の選び方

赤ちゃんの冬の布団は、大人が思っているよりも軽いものです。

お昼寝のときは綿毛布かタオルケット一枚、
夜はこれに掛け布団を一枚追加するだけで大丈夫ですよ!
調節はタオルケットなど薄いものでおこないます。

これは赤ちゃんの体温が上昇して苦しくなるのを防ぐためで、
冬だからといって過度にあたたかい布団を使うのは、
やめた方がいいというわけですね。

大人がちょうど良いと感じる布団の量では暑過ぎるので、
熱をからだに溜め込んでしまい、
最悪の場合、乳幼児突然死を誘発する恐れすらあります。

我が家ではとにかく子供が布団を掛けたがらないので、
着る布団であるスリーパーを着用させていました。

これで蹴飛ばしても寒いことはありませんし、
胴体だけ暖かいので熱がこもりにくくなります。

そんなに高いものではないので、
2着くらいは持っておくと安心ですよ。

 
スポンサードリンク

冬の布団のかけ方や室内環境について

赤ちゃんと添い寝をしているご家庭では、
冬でも布団は大人と一緒のものを使っているところが多いと思います。

しかし、赤ちゃんにとっては結構暑いので、
できれば別々の布団を使ったほうがよさそうです。

赤ちゃんは寝ている間もかなり汗をかくので、
まずタオルケットをかけてから掛け布団を使うのが良いでしょう。

また、布団だけに気をつけるのではなく、室内環境づくりも重要です。

室温は22度くらいで少し涼しく、
湿度は50%以上になるようにしっかり加湿していきましょう。

大人は赤ちゃんに合わせた室内環境に適応するために、
掛け布団を増やしたり着るものなどで調節していってください。

冬は特に乾燥しやすく、風邪の原因になることもありますので、
エアコンなどを使って部屋をあたためるときには、
加湿器をフル活用してくださいね!

 

赤ちゃんの快適な睡眠のために!

今回は赤ちゃんにとって最適な冬の布団の選び方や、
使い方についてなどをご紹介してきました。

赤ちゃんは体温が高いので、
大人と同じ感覚だと暑すぎて苦しくなってしまうことがあります。

そのためタオルケット+掛け布団のみで、
少し薄めの布団を使うようにしてください。

また、室温は22度ほど、湿度は50%以上を維持して、
赤ちゃんが快適に眠れるように意識してあげてくださいね。

大人に取っては少し寒いと感じるかもしれませんが、
赤ちゃんの快適な睡眠のためにしっかりと対応していきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク