赤ちゃんのアレルギー検査はいつから?早めに調べて対処を!

赤ちゃんのアレルギー検査はいつから?早めに調べて対処を!

両親共アレルギー体質だったり、発疹ができやすいタイプだったりすると、
離乳食を始める前に調べておきたいのがアレルギー検査です。

先にアレルギー検査を受けて、
食べるのを控えたほうがいい食品がわかれば、
対処がしやすくなりますからね。

でも、赤ちゃんのアレルギー検査の具体的な時期や、
費用はどれくらいかかるのでしょうか?

 

赤ちゃんのアレルギー検査の時期

赤ちゃんのアレルギー検査は、
生後4ヶ月くらいから受けることができます。
ちょうど離乳食が始まる直前ですね。

特に大豆、卵などは検査する人が多いようです。

先にアレルギーかどうか検査しておけば、
何も知らずに食品を与えて慌てなくて済みますし、
何より赤ちゃんが苦しい思いをしなくて済みます。

そして、気になるアレルギー検査の方法ですが、
主に赤ちゃんにおこなわれるのは2種類あります。

方法①:パッチテスト法
それぞれのアレルゲンの素が入ったシールを腕に貼って、
赤くなるかどうかをチェックする方法です。
赤くなったらその食品にアレルギーがあるということになります。
赤ちゃんに対して負担もあまりなく、簡単におこなうことができます。

方法②:スクラッチテスト法
赤ちゃんの皮膚に薄く傷を付けて、
そこにアレルゲンのエキスを一滴ずつ垂らしていきます。
そこから赤くなれば、アレルギーだということになります。
傷をつけるといっても、
本当に血が出ないくらいの薄い傷なので心配はありません。

両方の検査に共通しているのは、
赤ちゃんの肌に直接アレルゲンを触れさせるということです。

少なからずリスクはありますが、低月齢から受けられるので、
アレルギー外来の先生の指示に従いましょう。

他に血液検査という方法もあるのですが、
低月齢の赤ちゃんだと皮膚の脂肪が厚くて血液がうまく採取できないので、
1歳を過ぎるまではオススメできません。

 
スポンサードリンク

アレルギー検査の費用

気になるアレルギー検査の費用ですが、
乳幼児医療証があれば無料で受けることができます。

最初に受付をするときには、
保険証の他に乳幼児医療証を提示するようにしましょう。

乳幼児医療証がない場合は、3割負担で3,000~8,000円と、
病院によって開きがありますので問い合わせてみてください。

病院によっては、アレルギーの症状が一度でも出ないと検査をしてくれないか、
全額自己負担というところもありますので、事前に調べておくと安心ですね。

これは、あまりに低月齢だとからだに負担がかかるとのことで、
リスクを避けるためだと思われます。
血液検査は針を刺すため、どうしても赤ちゃんの負担が大きいですからね。

とはいっても、確実に赤ちゃんのアレルギーを検査するためには、
やはり事前に検査できると良いですよね。

 

早めに検査して対処を!

赤ちゃんのアレルギー検査についてご説明してきましたが、
だいたい生後4ヶ月頃の離乳食が始まる前に、
検査を受けられるということがわかりました。

生後間もない赤ちゃんにおこなわれるアレルギー検査の方法は、
パッチテストとスクラッチテストという方法、そして血液検査があります。

アレルギー検査の費用は乳幼児医療証があれば無料、
自費の場合は3,000~8,000円くらいとなります。

赤ちゃんにアナフィラキシーなどの症状を出さないためにも、
早めにアレルギー検査をして対処していきましょう。

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク