油の処理の仕方の種類や固めて捨てる方法のメリットやデメリットとは?

油の処理の仕方の種類や固めて捨てる方法のメリットやデメリットとは?

唐揚げや天ぷらは家族からは大好評なのでできれば頻繁に作りたいのですが、
やはり油の処理が面倒でなかなか作ることができないんですよね…。

揚げ物で使った油をそのまま流しに捨てるのはなんだか気が引けますし、
何か良い方法はないのでしょうか?

今回はそんな揚げ油の処理方法、
凝固剤で固める方法などを説明していきたいと思います。

 

揚げ物で使った油の捨て方の種類

さて処理方法に困る揚げ物で使った油の捨て方ですが、
意外と種類があるんですよ。
ここでは4つの方法についてご紹介しましょう!

①牛乳パックを利用する
これは空になった牛乳パックの中に新聞紙を丸めて入れてから油を流し込み、
そのまま捨てるという方法です。

自治体によっては資源ごみとして引き取ってくれるそうですから
確認してみてくださいね!

②新聞紙を利用する
新聞紙や雑誌など紙に油を染み込ませて、
燃えるゴミとして捨てる方法です。

ただこちらは暑い夏などは自然発火の恐れもあるため、
燃えるゴミを捨てる直前におこないましょう。

③片栗粉、小麦粉を利用する
片栗粉や小麦粉を油の中に投入して固まらせる方法です。

揚げ物で使った分が余ればいいのですが、
なんとなくもったいない気もしますよね…。

④凝固剤を利用する
こちらは油を固めてしまう凝固剤を使ってそのまま油を捨てる方法です。

非常に便利ですがコストがかかることが少し気になります。
これについては後ほど詳しく説明しますね。

⑤石鹸水に変えてしまう
今、主婦の間で密かにブームになっているのは、
廃油に入れるだけで石鹸が作れるという液体です。
よく昔から廃油を使った石鹸が存在しますよね。

石鹸や石鹸水を作ることでエコにもつながりますので、
抵抗がない方は試してみてくださいね。

 
スポンサードリンク

凝固剤で固める方法について

上記の油の処理の方法の中で手間がかからないのが、
凝固剤で固める方法になります。

有名な油の凝固剤といえば、
ジョンソン株式会社の「固めるテンプル」などでしょうか。

油が熱いうちに凝固剤をふりかけて、固まるまでよくかき混ぜます。
固まってきたらそのまま1時間くらい油を冷まして、
フライ返しなどではがし取って捨てます。

凝固剤を使うメリットは、
・手が汚れない
・簡単に油を固められる
・安全に使用できる
が挙げられるでしょう。

一方デメリットは先ほども少しだけお話しした通り、
揚げ物をした後の油を処理するたびに凝固剤を買わなければならないので
意外とお金がかかってしまうことです。

ただ、やはり凝固剤をつかうと簡単に気持ちよく捨てることができるので、
メリットの方が圧倒的に多いと思います!

油を安全な状態で捨てるためには是非活用してみてくださいね!

 
作成者:Masa
 

スポンサードリンク