1歳児の遊び、室内で出来ることは?活動量が増える時期、道具を使って楽しく!

1歳児の遊び、室内で出来ることは?活動量が増える時期、道具を使って楽しく!
スポンサードリンク

1歳児というと、ほとんどの赤ちゃんが、
もう上手に歩けるようになっているのではないでしょうか?

わたしも子供が1歳半くらいになると早足で歩けるようになって、
とにかく毎日汗だくでした。

でも、天気が悪い時や特に出かける用事がないとき、
その持て余したエネルギーを室内で発散させるには、
一体どのような遊びが良いのでしょうか?

今回は1歳児の室内遊びについてご紹介します。

 

1歳児の成長の特徴について

1歳3ヶ月にもなると、子供も歩けるようになって活動量が増えるため、
赤ちゃん体型からスリムな幼児体型に変化していきます。

また、感情もより豊かになるので、
自分の思い通りにならないと癇癪(かんしゃく)を起こしたり、
言葉にならない言葉で怒ってみたりします。

子供によっては単語がチラホラ出始める時期ではありますが、
これは個人差が大きいので特に2歳までは様子見で大丈夫です。

最初は自分の足で歩けることが嬉しくて楽しくて、
親と仲良く手をつないで歩くなんて理想的なことはしてくれません。

わたしも1歳4ヶ月になるくらいまでは手をつないではくれませんでした。

ですが、だんだんこちらの言っていることも理解できるようになり、
意思疎通もできるようになりますから心配しないでくださいね!

 
スポンサードリンク

1歳児が室内で出来る遊びは?

1歳児は活動量が増えて活発になる子供が多いですが、
室内で遊ぶとなると、よほど広いお宅ではない限り、
歩き回ってエネルギーを発散するということは難しいと思います。

わたしは1歳の誕生日プレゼントに、
滑り台付きのジャングルジムをプレゼントしたのですが、
これが大活躍中です。

1歳になったばかりでは、恐る恐る滑り台を滑って、
ジャングルジムには全然興味を示さなかったのですが、
1歳半の今ではジャングルジムの頂点で得意げにポーズをして楽しんでいます。

やはり月齢に応じて幅広く遊べるようになってくるんですね。

後は、ボールが大好きなのでキャッチボールをしています。
床でコロコロ転がしながらパスしていくのですが、
たまには軽く投げてバウンドさせてみると大喜びしますよ♪

そして、室内でしかできないことといえばお絵描き!
大きめの画用紙を用意して、クレヨンを握らせて殴り書きさせます。

まだお口に入れてしまう心配がある場合は、
様子を見ながらやってみてくださいね。

 

室内遊びは道具を駆使して楽しく!

今回は体内にエネルギーが有り余っている、
元気いっぱいの1歳児の室内遊びについてご紹介しました。

1歳児の室内遊びには、何か道具を使って遊ぶのがオススメです。

我が家はジャングルジムとボールを駆使して、
体を使った遊びを中心におこなっていますが、
おとなし目の子だったらお絵描きや積み木遊びなんかが良いと思いますよ♪

外遊びに負けないくらい楽しめるといいですね!

 
作成者:Miya
 

スポンサードリンク